スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年11月18日の嫌がらせ

2012年11月18日の嫌がらせ

(ぽち)は先週ずっと予定を阻まれ何も出来ず、17日の図書館の予定も邪魔をされ、18日やっと図書館と郵便局に行くことができた。

図書館
 分厚い本を何冊も出して顔の周りに配して寝ている若い男。もう一人の余り若くない男も寝ている。
 図書館は暖かく静かで人の目も少なく銀行のロビー以上に快適であろうが、公共施設は寝場所じゃない。寝るなら家に帰って寝ればいい。
 (ぽち)は調べ物を済ませ帰ろうとすると、ちょっかいをかけてくる男女。陰険な道警さんたちが(ぽち)に追いついたようだ。ひとりは20代前半から中盤にかけての可愛い系女子。
 往きと帰りの違い。椅子を通路に向けて、その椅子に浅く座り背もたれにもたれている人。変わったことをする奴等だ。

郵便局
 日曜日にも拘らず混んでいた。(ぽち)が帰る頃には更に客が増えていた。
 陰険な道警さんのおかげで予定が狂った。

郵便局の帰り道、自転車に乗る見知った顔の中年オヤジの道警さんとすれ違う。(ぽち)をまじまじと眺めて去ってゆく。暇人倶楽部の道警さん。

暇人倶楽部の道警さんは図書館に現れ、またもや(ぽち)の外出先までちょっかいを掛けにやってきた。自宅前を監視してチェックしているのか、いちいち外出先に嫌がらせにやってくるのでは、道警さんのお忙しいときには(ぽち)はおいそれと外出など出来ません。

前々回?のように、自宅そばに車で待機して世間様の交通の邪魔をし社会に迷惑をかけた挙句、(ぽち)の前を徐行で先導したり、交差点の歩道の降り口を車で塞いだり、歩道全体を車二台で塞ぎ通せんぼをしたりするような大掛かりな暇つぶしよりは遥かにましでしょうか。

我が国は警察国家。
この国の一般国民に人権など無い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

厄神様の通り道

携帯待ち受けFLASH作成所
プロフィール

管理人担任グループ

Author:管理人担任グループ
管理人担任グループ(法を超え神の力を行使する公安職公務員、神経工学操作員)が負け犬(ぽち)について綴るブログ

法と正義の暗黒史。
地下鉄サリン事件を口実に日本国憲法を足蹴にした我々全国警察による組織犯罪。警視庁、千葉県警、北海道警が組み、スタンガン暴行による私刑(リンチ)を行い、(ぽち)から奪った四千万円の話し。

行政暴力、警察犯罪が市民に露見したとき、我々警察は組織を挙げ、最大限の攻勢に出たのであった。torture

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

処分 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。