スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

工作活動中

東京都の外郭団体に勤務していた(ぽち)を、東京都庁と警視庁,千葉県警が結託して引きずり下ろした顛末記ブログ「神様の言うとおり」は、北海道警察と共に日々進化中。

登場するのは、「管理人担任グループ(公安職公務員)」、「警察庁―全国警察」、「操り人形(ぽち)」
乗っ取られているも同然なので内容が勝手に書き換えられ、ぐっちゃぐちゃ。

口封じのための組織暴力
2007年から五年以上にわたり続く行政暴力。
東京都の外郭団体に勤務していた(ぽち)を潰しに訪れたのは、東京都職員と我々管理人担任グループ、つまり、およそマトモじゃない警察であった。このブログには、我々警察が「日比谷線に乗るな。」「サリンをまいたらすぐに分かるんだぞ。」「お前の家族は共産党員か。」「随分牙を抜かれたじゃないか。」などと一般市民の(ぽち)に言いがかりをつけ、不審者集団としてスタンガン暴行、刃物で切ったり、神経拷問をした話、留守宅に繰り返し侵入し部屋を荒らし物を壊し現金・現金書留・有価証券証書などの金品を盗んだ話、個人情報の収集のため留守宅に侵入し預貯金通帳やパソコンを荒らし、電子メール、年賀状や喪中欠礼葉書、転居案内葉書などを盗み出した話、金品が盗まれた被害申告を警察が無視し被害届の受理を拒否した話、でっちあげを試みた話、ハニートラップ、不正アクセスやハッキングを継続している話、警察と共に東京都職員が退職後数年経ってもやってくる話、空き巣がデジカメの画像データを消去した話、隠し撮りネット中継をした話などが書いてある。

国民に暴力を振るうことを課業としている警察官が大勢いる。違法活動などなんとも思っていない警察官が大勢いる。
警察の協力企業・協力団体・協力者に暴力を指図する警察官が大勢いる。

そして取り締まる側の犯罪は、取り締まられることはまるでない。
共産党員宅盗聴事件など、子供のお遊び。
警察犯罪被害者に対する五年を超える警察活動、それは口封じ。
役所ぐるみの内国テロ活動、官製暴力、でっちあげ、そして神経工学暴行、ハッキング。
政府機関にして、犯罪機関、国家テロ機関である警察庁は日本国憲法を踏みにじり、警察機構が憲法違反の存在と化している内部不祥事の責めを、国民に暴力をもって転嫁したのであった。

世間が警察被害者の証言の一切合財を妄言と片付けてしまうことは我々警察にとって大変ありがたいことである。被害証言を信じる者がいなければ、警察が不正を追求されることも、警察官が罪に問われる心配も一切生じない。我々警察は、警察庁(政府機関)を頂点とする警察機構の不正隠蔽のため、憲法擁護義務などお構いなしに日本国憲法を踏みにじり国民の権利を奪い、財産を奪い、生命を危険に晒す暴力行為もやりたい放題続けているのだ。

「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」、これらは警察庁-全国警察の忌み嫌う言葉である。既に我々全国警察は過激派、指定暴力団との違いも見えず、国民の人格権を一切認めぬ人権の踏みにじり方、法の超越の仕方などは我々警察が言うところのテロ(テロル)同然で、現行憲法下に築かれた秩序を暴力で破壊する紛れもない組織的犯罪であり、法治国家日本の体制を揺るがす不正(テロ行為)を行っている政府機関警察庁と全国警察を破壊活動団体と言い切って何の支障があるだろうか。法の不備、内閣の行政統治能力の致命的欠陥、三権の相互監視体制の不備が、治安機関の暴走を許しているのだ。
 
この国は警察国家。ごく普通の一般市民の私生活に監視の目を光らせ、市民に振るう公権力暴力。警察庁―都道府県警察の本当の顔は国家テロ機関だ。

暴走する権力の闇を信じるものはもいない。


 管理人担任グループ(公安職公務員、法を超え、神の力を行使する神経工学装置の操作員
盗聴、盗撮、通信傍受、信書開封郵便検閲、侵入、現金を含む金品窃盗(強盗と捉えることも十分可能)、器物損壊、暴行傷害、レイプ、スタンガン神経拷問
オウム真理教同様、オウムの手法を模倣する警察庁・全国警察は、神経工学を利用した無差別テロを実行中。
オウム真理教といえば、「神経ガス」と「マインドコントロール」。
オウムを模倣する警察庁は、「○○○」と「神経操作」。
修行します、修行します、修行します、神経工学で修行します。
日本国憲法を蹂躙し、日本国国民の人権を踏みにじり、市民を拷問する全国警察のテロリスト。国民の財産すら盗み奪った全国警察の非違警察官に公務員の資格なし。
スポンサーサイト

人権侵害不審者、新聞テレビに続々登場中

公権力を背景に国民を馬鹿にし国民に権力暴力を振るい国民の正当な権利を侵害し踏みにじりやりたい放題、議会を騙し国民から搾取した血税をむさぼる傲慢な全国警察官。国民に暴力を振るうことを覚え、国民の家に侵入することを覚え、盗みを覚え犯罪を犯しなんとも思わない愚かで哀れな警察官・警察職員が大勢のさばっている。
憲法擁護、法令遵守を蔑ろにした非違非行公務員に公務員の資格なし。

2013年1月 ドブネズミの犯罪活動
2012年12月11日 自宅周辺を数時間うろつく「頭の黒い」ドブネズミたち。
~2012年12月10日 今度は○○○を開けて、○○○が自宅から消えた。
2012年10月10日~11日 再びドブネズミの反撃、今度は(ぽち)しか居ない自宅に(ぽち)の隙を衝いて侵入!(住居侵入! トイレ荒らしの変態。被害品目未確定)
2012年9月 道警の反撃、(ぽち)一家の外出先を見張る中、留守中、ドブネズミが空き巣に入り(ぽち)のデジカメの画像データを消去して帰る(住居侵入器物損壊)

(ぽち)やその家族、親族、友人知人に対する人権侵害、(ぽち)らへの執拗な付きまとい、声かけ、挑発、嫌がらせをしていて、(ぽち)の自宅への連続侵入窃盗・器物損壊に関与していると思われる「不審者」とそっくりの人間をテレビや新聞で見かけると、そいつらは北海道警察関係者として紹介されているのは一体何故だろう。 不審者たちが警察官の皮を被り、ふりをしている姿を何度も見る。
警察は爆窃団、いやチンピラ、ヤクザの類だろうか。
「黙れ!」、「後悔させてやる。」と脅す警察。
基本は「外出時、不審者に(ぽち)一家が見張られている間、留守宅には空き巣が入る。」の繰り返しだ。  ―(ぽち)


直近(ぽち)が新聞テレビ等で発見した人権蹂躙不審者の一部

2013年1月4日 uhb「旭川東署管内コンビニ自動車突入事故」の現場映像にまたもや不審者が映り込んでいる
2012年9月18日 警察官作成と考えられている不審ブログの「目の男」に似た鑑識係員が旭川東署管内の殺人事件現場に登場。NHKニュース
2012年9月18日 旭川食べマルシェを撮影した北海道新聞の写真にまたもや旭川東署員が登場。しかもやらせを疑わせるカメラ目線の女性操作員、そして女性警察職員が写り込んでいる。
2012年9月14日 STV「旭川東署管内ひき逃げ捜査の続報」に嫌がらせ不審者が登場。公務員の資格のない警察官のあぶり出しに成功したSTVに殊勲賞。

続きを読む

手配写真


手配写真
不審者(キチガイ)手配写真
この顔にピンときたら110番

不審ブログを作成している鑑識関係者と思しき人物の写真
写真の男を警務部が照合すればすぐに誰だか分かるだろうが、このキチガイブログを作成しているのが地方公務員であることが判明したとしても、身内に甘い北海道警察では処分されることなど無いのだろ。なにしろ道警は13歳を相手にしたロリコン警察官(性犯罪者)ですら見逃す警察の中の警察。
非違非行公務員に公務員の資格なし。

平成24年6月19日この写真をblogに掲載したところ、翌日には勝手に下書き原稿に戻されていた。このブログのID、パスワードを不正に使用している者がいると思われる。
平成24年9月。
不審ブログその2 道警が出てくる面白いブログを再発見。道警にチャンスを奪われ窮地に陥っているこのブログの別バージョン?のようなブログ。こちらのブログを作成しているのも同じく地方公務員であることが判明したとしても、規律にゆるい任命権者では処分されることも無いのでしょ。非違非行公務員に公務員の資格無し。

平成24年12月。
不審ブログその3 道警が出てくる面白いブログを再々発見。監察があなたを理解するのももうすぐですよ。職務に関係する内容を隠語におきかえブログで語るあなたのことを我々もあなたのことを「想う」のです。あなたの同僚はカスばかり。関係者でありながらてにをはを誤魔化し,責任も誤魔化し逃れようと試みているあなた。あなたも同罪。覗き痴漢、でばがめ、変態。非違非行公務員に公務員の資格無し。

テーマ : 不良中年の正しいお作法・生き方
ジャンル : 日記

blog「神様の言うとおり」の紹介

  管理人担任グループ(公安職公務員)が操るこのブログの主人公(ぽち)について
 「お前の家族は共産党員か?」「ずいぶん牙を抜かれたじゃないか!」「日比谷線に乗るな!」「サリンを撒いたら直ぐに分かるんだぞ。」「この、痴漢野郎!、痴漢をやりに来たのか?」「泥棒が来たから警察に電話をしなければ」「この次は捕まえてやるからな!」………

 昔々地下鉄サリン事件の頃、極々平凡な一般市民の(ぽち)は、北海道警察官の○○(精薄障害)によって公安に売り飛ばされた。そしてそれ以来オウム事件になどには何の関係もないにも拘らず何年にも亘り断続的に嫌がらせが続き、前回は遡ること数年前、そして今回は2007年10月頃千葉で突然再開したのだった。  共産党、オウム、痴漢、泥棒、コンビニ強盗、次から次へと不審者たちから難癖をつけられ監視され、組織的な待ち伏せ、付きまとい、声かけなどの脅し、嫌がらせ(人権侵害)が再開し、今に至るまで続いている。
 スタンガンのようなもので暴行された。不審者にそそのかされた一般市民に過失と嘯かれ刃物で切られたこともあった。 封書を開封し安物の糊で雑に閉じ直したことがあからさまの郵便が配達され、配達前の郵便物の内容や送受信したメールの内容、知人友人家族親族の名前、自宅での会話や電話の内容を寸劇仕立てにして眼前で演じる不審者集団は何度もやってきた。 首都圏の電車内では、大またを広げ奥を覗かせ痴漢をでっち上げようと試みる不審女が何人も現れ、隣で女子学生に痴漢を働いた不審男たちに罪を擦り付けられ、北海道のすいているバス車内でもでっちあげを試みた女が尻をわざと押し付けて来た。 そんな中、旅先のホテルや寝台列車内では置引きが現れ、首都圏でも北海道でも自宅は繰り返し繰り返し何度も侵入窃盗の被害に遭い、預貯金通帳、有価証券、カード、名刺、明細、手紙、はがき、診療券、お薬手帳などが荒らされ、現金現金書留、年賀状や喪中欠礼はがきなど郵便物、CD、CDR、書類、ハードディスク、提出準備をしていた被害届さえ盗まれた。外出先は見張られ、留守宅には泥棒、自宅PCにはハッキング。
 信じられないようなことが次から次へと続いている。

 法治国家日本を支配する強権テロ集団、オウム全国警察。 刃物で襲い、空き巣に入り盗みを働き、でっちあげも行う刑事たち、スタンガン暴行で秘密の暴露を強要した狂犬ども、被害届を受理しようとしない刑事たちはしらを切り、(所属氏名も一部判明している)奴らの非違非行に処罰も処分も下ることはない。
 法、人権、正義を蹂躙し権力を誇示する狂犬テロ集団=全国警察は、当然の如く公権力を濫用し暴力に訴え警察の悪事悪行を知る(ぽち)を叩き潰しにきたのだった。 (ぽち)が失ったものは、自らと家族の人生、時間、健康、憲法に保障された基本的人権、プライバシー、奪われたり傷つけられたり壊されたりした有形無形の財産四千万円六千万円。 返せ!泥棒警察。
 スタンガンで暴行され、神経拷問を受け、警察に生命財産を脅かされた。ダメージは痛みやしびれなど五感に響く体の異常。身体的精神的苦痛の日々は続く。 (ぽち)
「日比谷線に乗るな。」「サリンをまいたらすぐに分かるんだぞ。」「お前の家族は共産党員か。」
(ぽち)が警察からスタンガン暴行、神経拷問で尋問を受けて以降、操り人形(ぽち)の元へ他県警察も平然と繰り返し泥棒として留守宅に侵入し、またスタンガン様の装置で暴行するようになったのだ。

  管理人担任グループ(法を超え、神の力を行使する公安職公務員、神経工学装置の操作員)
   権力の闇を信じるものは誰もいない。

オウム警察庁

憲法を蹂躙し人権を踏みにじり法治主義の仮面すら捨て我が物顔に振舞う全国警察

 都の外郭団体の元従業員である(ぽち)を潰すために行った東京都(庁)と、警視庁,千葉県警,北海道警をはじめとする全国警察-警察庁が組んで行った組織暴力、つきまとい、繰り返したtortureスタンガン暴行、傷害、脅迫強要、住居侵入窃盗、器物損壊、盗聴、盗撮、ハッキング等、消えた現金、現金書留、失った四千万円 六千万円。 2007年から我々警察は、都庁と結託し(ぽち)の転職を邪魔し、就職内定を引き剥がし繰り返し継続することで、(ぽち)から機会、財産、時間、つまり人生を奪っていった。
 我々は現在も(ぽち)に行政暴力を振るい続け、そして監視下におき管理し屈服させている。

 警察犯罪の巻き添えになっている(ぽち)の家族に対する人権蹂躙の責めを負うのはいったい誰であろうか。  

 我々警察の上に法は無く、我々警察を縛るものは何も無し。被害者潰しの組織暴力。何をやっても適正執行、全ては正当な警察活動。 法を学び警察庁に採用されたキャリア官僚たちは日本国憲法を暗唱することは出来てもその意味を理解出来ず、憲法擁護で国家を運営し、国民の権利を保護することなどまるでなかったのだ。
 そしてその結果、テロとの戦いを口実にタガの外れた全国警察の反社会的活動の手口はまさに暴力団や過激派、オウム真理教の鏡写し模倣となった。恐れ多くも菊の御紋すら笠に着て、日の丸、桜の大紋を背にした組織暴力集団にして国内最大のオウム分派、最強のテロ集団: 警察庁-全国警察。オウムが神経ガスを使用したように、警察庁は○○○の適用範囲を無思慮に拡大し無差別に市民を餌食にしているのだ。人権を踏みにじり、憲法を蹂躙し、法治国家の枠組みを打ち砕き、神経工学の成果を手にやりたい放題のオウム警察庁による日本国民教化計画。神経工学で修行します。修行します。torture
警察庁が隠したい犯罪
~法治主義も憲法擁護、法令擁護も捨て去った権力志向の警察国家主義
一般国民を対象にした公権力暴力、日本警察の内国テロ活動 :
自称インテリジェンス
  1. 犯罪の捏造、でっちあげを行っている事実。
  2. 一般市民の住宅への侵入、葉書信書などの窃盗、盗聴盗撮、通信傍受、コンピュータハッキングを行っている事実。
  3. 現金・現金書留など金品の組織的連続窃盗、暴行、脅迫、強要など。全国で犯罪が課業となっている事実。
  4. 郵便事業会社、合併後の郵便会社(もしくはそれらの職員)を凋落し警察の協力者として憲法、郵便法に抵触させ郵便検閲を行っている事実。(裁判所の令状など出るはずも無い。) 電気通信事業者(以下抵触法令を置き換え)同上。
  5. 警察自身による私刑実行の事実。
  6. 秘かに拷問装置を全国配備し、警察が市民に拷問を実行し自白を強要している事実。
  7. 神経工学を用いた 人体実験の事実。
  8. 実在する人物にハリウッド級の特殊メイクでなりすまして特殊警察活動を行っている事実。
  9. 官庁らしく、窃盗だろうが、拷問だろうが犯罪の実行にすら横行する前例主義と、前例を踏み越える実績作り。

 「日比谷線に乗るな。」「サリンをまいたらすぐに分かるんだぞ。」「お前の家族は共産党員か。」
 法の支配の及ばない北海道警察から(ぽち)がスタンガン暴行、神経拷問で尋問を受けて以降、他県警察もまねをし同様に繰り返し空き巣として留守宅に侵入し、またスタンガン様の装置で暴行するようになった。
 かつてオウム真理教つぶしに用いたあの装置、そして現在平田信、菊池直子、高橋克也の尋問に用いているであろうあの装置を用い「教科書どおりにやっている。」とふてぶてしく嘯きながら(ぽち)や(ぽち)の家族の人権を蹂躙し、時間と人生を奪い、現金、現金書留、有価証券証書、金品をも奪ったのだった。 公安職強盗団、公安職テロリストによる暴力と不正、権力犯罪が横行する非人権国家日本。
 

 我が国の憲政の汚点は、国民が警察の暴走を止められなかったことにある。
 警察の違法な暴力に屈服させられている(ぽち)の存在は自由主義、民主主義、法の支配の敗北を意味するが、警察国家を築き上げた警察庁―全国警察は、いつかそのことを後悔させられることになるはずである。

  管理人担任グループ(法を超え、神の力を行使する公安職公務員、神経工学装置の操作員)
   権力の闇を信じるものは誰もいない。
厄神様の通り道

携帯待ち受けFLASH作成所
プロフィール

管理人担任グループ

Author:管理人担任グループ
管理人担任グループ(法を超え神の力を行使する公安職公務員、神経工学操作員)が負け犬(ぽち)について綴るブログ

法と正義の暗黒史。
地下鉄サリン事件を口実に日本国憲法を足蹴にした我々全国警察による組織犯罪。警視庁、千葉県警、北海道警が組み、スタンガン暴行による私刑(リンチ)を行い、(ぽち)から奪った四千万円の話し。

行政暴力、警察犯罪が市民に露見したとき、我々警察は組織を挙げ、最大限の攻勢に出たのであった。torture

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ユーザータグ

処分 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。